自動車の免許は最短どれくらいで取れるのか

自動車の免許を取得するためには、まず自動車学校を卒業し、学科の試験を受けて合格する必要があります。最短での自動車の免許を取得は、AT車免許で15日間程度です。自動車学校を卒業するのに最短で14日間必要であり、学科の試験に1日必要なので15日間という計算です。

 

しかし、通常自動車学校を卒業するまでには、2か月近くの日数が必要です。これは指導教官の数が限られている中で、多くの教習生が平等に教習を受けることができるために、1日に受けることができる実技の時間数が制限されているためです。では、どのような方法で最短14日間で卒業することができるのでしょうか。

 

これには2通りあって、一つは集中コースを選択することによって可能となります。すべての自動車学校に集中コースが設定されているわけではありませんが、2週間程度で卒業することができるように、毎日数時間の学科と実技を受けることができるように初めからスケジュールが組まれています。ただし、費用は割高になります。もう一つは合宿免許と呼ばれるもので、集中コースと同様に2週間程度で卒業することができるようにスケジュールが組まれています。しかも、費用は通学よりも安くなっています。自宅から通うことはできませんが、安さと早さで選ぶなら合宿免許はおすすめです。